読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみりん助産師のつぶやきブログ

妊娠・出産・母乳育児・育児・離乳食についての話題を提供します♪

予期せぬ帝王切開、責めることはないです

 

予期せぬ帝王切開に自責の念をいだいている方、結構多いです。

最近では、リスクをとらず、早めに帝王切開に決定することが多いですね。

逆子で以前なら下から産むことも可能だった臀位(お尻だけ先に下がる胎位)や、前回帝王切開など

 

そういう場合は、事前に説明をうけることができます。

それでも、やはり下から産むことができないと、ショックを受ける方が少なくありません。

時間がある場合はゆっくりお話を聞いて最終的には納得してお産(帝王切開)にのぞまれます。

 

 

かわいそうなのは、緊急に帝王切開を受けた方。

 

陣痛で痛みにたえながらも、最終的に、

赤ちゃんの心音が低下してきたり、

破水したあと感染兆候が強くなってきたり、

子宮口が開いてこなかったり、などの理由で帝王切開になってしまった方です。

(どんなに努力してもお産は予期せぬことがおこります)

 

どうしても、陣痛での痛みのある中で早急に帝王切開が必要な場合、説明の内容ものみこめない中での手術となります。家族は、母子が安全であれば、という気持ちで同意書にサインします。

 

終わってから、意識がしっかりしてから、赤ちゃんの顔をみて落ち着いてから、自責の念を感じる方が多いように思えます。

 

終わってから、先生に納得できるまで説明を受ける事ができればいいのですが…

 

先日、赤ちゃん訪問した先のママは、先生からしっかりした説明を受けることができずわだかまりが残った状態でした。

お産の経緯を聞くと、最終的には、赤ちゃんに感染兆候もなく無事に帝王切開で生まれてくれていましたし、情報の中だけでも帝王切開でよかったのでは、と助産師の私でも推測できたケースでした。

ただ、先生の説明が…

経過を聞かせてください

との質問に

 

訴えられてもこちらの落ち度はありません。

 

から、はじまったそうです。

 

純粋に、手術前にしっかり聞けなかったから、どういう経過だったかを聞きたかったのに、怖くて何も聞く事ができなかったそうです。もちろん訴えるなんて考えてもなかったと。

 

訴訟が増えているからでしょうか。

それにしても残念な話です。

ゆっくりお話ができていれば、今頃思いつめてることもなかったのではないかと思います。

 

私の推測と今までみてきた帝王切開の例を含めて、今回帝王切開に踏み切ったのは適切であったと思います。ただ、今回は六センチまで開大できていたので、下からぜひトライしたいのであればブイバック可能な病院でトライできる可能性はあると思います。

と、お伝えしました。

もちろん、ブイバックのリスクやトライするのであれば、それなりの体重管理など努力は不可欠である事も…

 

ママは、お話をすればしっかりと理解され納得できる方でした。

 

ぜひ、先生方も、患者さんとしっかりコミュニケーションをはかっていただきたいと切に思いました。

患者さんは先生を信じるしかないのですから。

 

あと、もう一つ、

帝王切開になったとしても、産んだ事には間違いありません。

帝王切開の方がはるかにママにとってかなり負担がかかっています。時々、帝王切開で楽したねーなんて心ない事を言う方がいらっしゃいますが無視してください。

絶対にそんな事ありえません(怒)

 

帝王切開であろうと経膣分娩だろうと、つわりやいろんなマイナートラブルをかかえながらお腹の中で育て産んだことにまちがいありません。

自信をもって、育児をしていただきたいと思います。

 

 

みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門

教育費いくら必要?


妊娠・出産 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村