読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみりん助産師のつぶやきブログ

妊娠・出産・母乳育児・育児・離乳食についての話題を提供します♪

おっぱいは必ずしも3時間あかないですよ(*^^*)

 

昨日は、赤ちゃん訪問でした。

 

2ヶ月でしたが、赤ちゃんの体重増加も順調

 

ただ、

 

「泣いて、泣いてなんにもできない。こんなものですか?」と。

 

個人差はありますが、まだ2ヶ月。夜は5~6時間寝てくれているとのこと。

 

昼間は、起きててもおかしくないですよね~

 

と、言った矢先、泣き出しました。

 

たって抱っこしても抱っこしても、泣きやみません。

 

「おっぱいをあげていただいていいですよ~」

 

と、いうと、

 

「でも、まだ、時間が空いてないから・・」と。

 

「大丈夫ですよ。母乳は、ほしがったら飲んでもらっていいですよ」

 

と、いうと、

 

「でも、母が太りすぎているからあげすぎないようにっていうし・・、飲みすぎて気持ち悪いかもしれないし」

 

「体重増加は標準。それよりものみすぎて気持ち悪いようなら、お腹もパンパン、縦抱きしてあげると落ち着くことが多いと思いますよ。

たぶん、ちょっと、眠そう。ねむくて甘えているかもしれませんね。

あげてみましょうか。」

 

と、いって、おっぱいを飲んでもらうと、3~4分。ごくごく、こてっと寝ました。

 

 

「飲ませていいんですね~絶対時間を開けないといけないと思うと苦痛で苦痛で・・」

 

まだまだ小さい赤ちゃんは、必ずしも、一度に3時間ももつようなおっぱいを飲んでくれるとは限りません。

 

と、いうか、そんなに飲めませんよね。

 

甘えでほしがる時もあるだろうし、ちょっとほしいっていう時もあるに違いありません。

 

 

「泣いて、抱っこしおむつをかえても泣くようならおっぱいをあげてくださいね」とお伝えしました。

 

泣く子を我慢させるって、ママはどんなに大変だったかと思うと・・・

 

泣いたらおっぱい、を繰り返してきた私には考えられません。

 

 

「でも、おっぱいばかりだと、今後もずっとクセになりませんか?」と。

 

 

「赤ちゃんはおっぱいが大好き。でも、満腹中枢も発達してきますし、ほかに興味が出てくることがこれからたくさん出てきます。

確かに、おうちにいるときは、ひまさえあれば、おっぱいを欲しがってくることもあるかもしれません。

 

でも、本を読んであげたり、おもちゃであそんであげたり、一人で少し遊べるようになってくれば

 

おっぱいを吸わない時間もたくさん出てきます。

 

おっぱいを飲んで、お腹もココロも満たされた赤ちゃんは幸せだと思いますよ~」

 

と、お答えしてきました。

 

 

案の定、おっぱいを飲んで、5分ぐらいママの腕の中で寝てくれた赤ちゃんは、

 

おきて、お布団にねかせててもご機嫌

 

「あ~あ~」と、お話をたくさんしてくれました。

 

こんなご機嫌な時間は、今まで見たことがないと・・・と、ママはびっくり

 

考えすぎないで、泣いたらおっぱいをあげていいんですよ

 

みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門

教育費いくら必要?


妊娠・出産 ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村