読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみりん助産師のつぶやきブログ

妊娠・出産・母乳育児・育児・離乳食についての話題を提供します♪

切迫早産から、ブイバックに⁈

ブイバック、できる医療機関はかなり少なくなってきていますね。


あとは、世間一般では、帝王切開なら次も帝王切開だと思っている方が大半だと思います。


確かに、ブイバックを希望するからには、

リスクはありますし、

それなりに、体重管理などご自分でもかなり努力をしなければいけないと思います。

お産にいたらなければ、無理できないために、緊急帝王切開になるケースも少なくありません。


ただし、無事ブイバックが成功した場合、お産後の身体は手術に比べて、かなり楽かと思います。


先日赤ちゃん訪問した先の方ですが、1人目は帝王切開

2人目は34週でまさかの切迫早産になり、

お腹のはりがおさまらず救急車に搬送され、総合病院に。

点滴でおさまり、36週にはいったところで、先生から、


『帝王切開にしますか?下からのおさんにチャレンジしますか?』と。


まさか、下からのおさんができると思っていなかったママは、チャレンジすることに。


そして、結局予定日すぎて(なぜか、切迫早産で入院してた方は予定日すぎて陣痛がくる人が多い)

自然に陣痛がきて、3時間でお産になりました。

切迫早産だった方は、確かに子宮口は開きやすい方も多いですが、

かなり安産でした。


赤ちゃんも、帝王切開の場合早めに手術するのですが、予定日までしっかりお腹にいてくれたおかげで、授乳もやはりスムーズでした


切迫早産で大変だったけど、

下からお産がらでき、身体もかなり楽でした(o^^o)とのこと。


こういうケースもあるんだな〜と思ったケースでした。


ただし、あくまでも、全て良い方向にいって良かったケースです(^-^)/


はりがおさまらなければ早産だった


陣痛がこなければ、緊急に帝王切開だったかもしれませんしね。


切迫早産にならないためにも、

無理せす、お腹がはったら横になる。

また、この季節、切迫早産の入院が多いんです。身体が冷えると張りやすいですね。身体を、特に下半身やおなかを冷やさないように注意しましょう。

はりがおさまらなければ、早めに受診しましょう。


  

みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門

教育費いくら必要?

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ