みみりん助産師のつぶやきブログ

妊娠・出産・母乳育児・育児・離乳食についての話題を提供します♪

安易に ミルク足したら なんて言われたくない!

たぶん、産後家族に言われたくない言葉の一つ
だと思う。

ママと話をしていると
怒っていたり悩んで愚痴ってきたりする中で
言われて悔しかった〜悲しかった〜がんばってるの
に〜
と聞く。


ミルク足したら?
いい加減足したら?

家族は赤ちゃんが泣きやまないのがかわいそう!
とか、もしかしたら
ママが疲れているなら足したほうが楽になるんじゃないか
という気遣いかもしれない。

でも、授乳を頑張っている、できるだけ母乳をあげたいママにとっては
気遣いには思えないことが多い。

本来赤ちゃんはよく泣くものです。
それが本当に足りていなくて体重も増えていないなら問題です。

でも、甘えておっぱいを欲しがることもある、まだ吸いたくて泣く、よく泣く時間だったりもする。
いろいろなパターンで泣くこともある。


心配であれば、
体重が増えているか、産院からどういうふうに聞いているのか確認した上で
言葉をかけてほしいと思います。

本当に頑張っている時期。


頑張ってるね。
泣きやまないなら少し抱っこしてあげようか。

など声かけてもらえると私だったら嬉しい。

勝手な決めつけの言葉だけは避けてほしい。

風疹予防接種大人にも早く公費でできるといいですね

平成30年7月下旬から風しん患者報告数が増加して今も増え続けていますね。
去年の10倍だそうです。
妊婦さんからすると、本当にヒヤヒヤだと思います。
先天性風疹症候群はこわいですからね。
特に男性がたくさんいる中でお仕事されている方はマスク手洗い以外気をつけようがないですから。

症状は本当に普通の風邪のような症状に似ており、しかも発疹が出る前から感染力があるんですよね。
麻疹や水痘ほど感染力はないというものの
まわりに妊婦さんがいらっしゃる人たちは安易に考えず、風邪かなと思ったらマスクはしていただきたいと切に思います。

何年かごとに風疹があるたびに思うのですが

強制的に抗体がないであろう30から50代の男性は
検査無しで予防接種をしていただければ流行することが防げるではないかと思います。

国でも検査を公費で行うとか
でているみたいですが
検査をしてワクチンとなるとかなり時間のロスがあります。
検査無しでワクチン接種のほうが早くに予防できるのではと思います。
抗体あったとしても予防接種により副作用が出るわけではないので。
流行はやはり30から50代の男性が多いのですが
思い込み
というのも更に拍車をかけてるみたいです。
1回接種したから大丈夫!

かかったことがあるから大丈夫!
の思い込み。

過去に一度予防接種を受けたことがあっても時間の経過にともなって「抗体」が減少することがあり、感染する可能性があるということです。
そのため2回接種か望ましいそうです。
1回うったから大丈夫ではないのです。

もう一つのかかったことがあるから
と思っていても実は違う疾患だったことも多いです。

私も麻しんが流行した時に強制的に検査をすることになったのですが、
麻しんにはかかったことがあったという話だったのですが
抗体はありませんでした。
風疹と思っていたものが違う疾患ということもあります。

最低限、妊婦さんの御家族の方は予防接種を受けてママや赤ちゃんを守りましょう。

妊娠希望の方はもちろん予防接種はしておきましょう。そこが一番大事!!抗体がしっかりあれば問題ないのです。思い込みもあるかもしれません。

妊娠中は接種できないのはもちろん
接種後2ヶ月は必ず避妊してくださいね。

ワクチンの数が足りないなどの事情があると思いますが
撲滅していただけるように国をあげて
努力していただきたい!!です。本当に。。

もうインフルエンザ?!

助産師友達と食事会でした。
なんと、インフルエンザはいってきてるよーと。

友達の地区では学級閉鎖の連絡が入っていました。
ワクチン始まる前からもう?
もしかして、夏風邪で終わってる子も実はインフルエンザだった子もいるかもね〜なんて言って終わったのですが。

妊婦さんがいるご家庭ではそろそろ注意してくださいね。
かかると解熱剤は使えないので大変。
ご家族が高熱を出されたときはうつらないようにマスク手洗いをしっかり行なってくださいね。
熱があれば病院側もそろそろ検査キットを、使って検査してくれると思います。

ちなみに毎年予防接種は10月からはじまります。
予約もはじまってるところが多いと思いますので確認してみてください。

授乳はママのできる範囲で考えていけばいいと思う

昨日は、赤ちゃん訪問いかせていただきました。
1-2ヶ月の赤ちゃんはまた新生児とは違った可愛さがある☺️
表情が少しずつしっかり出てくるようになり本当にかわいい!と癒やされました。

それで昨日のママの訴え
母乳にかなり熱心な産院で出産
赤ちゃんが小さめだったので起こしながらの授乳
あまりミルク補足はやらないところなので
なかなか体重増えず長めの入院
そして退院後、体重チェックに頻繁に通い
ミルクの量を少しずつ減らしてがんばりましょう!
というもの。
今の所ミルクはだいたい体重の増えからして3分の一ぐらい。
とっても熱心な産院なので本当に母乳で頑張りたい方にはいいかもしれない。

でも昨日のママはおっぱいだけでは足りなくて1日中グズグズ
でもミルクはこれだけって言われて足してるけど
あまり泣くから言われたよりも多めに足しています。それでやっとおちついてきて。
しかもまた病院来てくださいって言われてて
それがストレス
私は混合でいいんです。
いまのままじゃだめですか?
結局ミルク多めに足して、言われたとおりにやってなかったら行っても意味ないと思うんですけど。
体重も増えているしこのままでいきたい。

一体いつまで産院にいかないといけないのかな?
明日から自宅に戻るので
そういうストレスから解放されたい

と、おっしゃってました。

助産師は母乳の良さを十分にわかっていて良かれと思って指導していると思います。
ママが母乳だけで頑張りたい!という方は本当に熱心に通われる方もいるかもしれない。
でも、中には混合でいいって言う方もたくさんいます。バースプランを見ているといろんな希望の方がいらっしゃいます。
そういう希望にも沿ってあげるのが必要かとおもいます。育児はこの先長いですから、できるだけママも赤ちゃんも楽しく過ごせるのが一番!

母乳の良さ、ポジショニングなど基本的なこと必要なことはお伝えしていく。修正していく。
ただ、あまりこちらの熱が強すぎると、宗教的なおしつけになってしまうこともあると思うので
あとはママの要望にあわせて、ママの今後の生活を考えて指導すべきかと
私個人は思っています。

話は戻りますが
上記の方
産院から授乳は5分5分でそれ以上は乳頭に負担になるからと言われていました。
あげたあともすぐ泣くんです。でもあやしてあやして
1時間泣きやまないこともあって
また5分5分あげて3時間以上たってたらミルクを足してを繰り返していますと。それで10回母乳。
だとしたら母乳回数としては私だったら5回とカウントして少ないと思う。


なんでこの時期5分5分?
5分5分で満足できるのは、よっぽどむせるほどおっぱいがでていてガツガツ飲める赤ちゃんぐらい、

満足がえられる前しかもおっぱいが出始めた頃にやめてしまっている状態
後乳が飲めない前に無理やりはずされていては体重の増えも赤ちゃんの満足感もないです。
もう少し赤ちゃんが満足するまで吸わせてもらっていいですよ。最低あと10分は飲めると思うので、と話してきました。
その上でミルクを考えてみてください。
授乳時間を増やすことでもう少しグズグズはなくなると思います。で、かつ泣いてどうしようもなければミルクは足していいと思います。

とりあえず自分流でやってみて10日
十分に体重増加はありますのでミルクはこれ以上増やさなくてもいけそう。おっぱいもでておりポジショニングも問題なかったので授乳時間を増やし回数はキープしていれば減ることはまずないと思われました。

産院には行きたくなければ、保健センターに来てもらって体重増えてるか確認して貰えればいいですからと言って帰ってきました。


産院側もその人のためを思って来てくださいって言われてると思うので、よっぽど赤ちゃんに他に診察しないといけないとかなければ
訪問で体重増加があったので問題ないと伝えれば来なくてもいいですよと言われると思います。

と、お伝えました。

元気に楽しく育児ができるといいですね♥

妊娠中の体重管理〜工夫したこと

妊娠中の体重管理は皆さん気にしていることの一つだと思います。
私達助産師も
言いにくいことではありますが、やはりお産が大変になるだけではなく
妊娠高血圧腎症など沢山のリスクを抱えることになるのでお話させていただいています。
また、管理がしっかりされている方には
どうやってました?と聞いてみてます。
参考にさせていただいてます。

先日は、

私は食べすぎないように

炭酸水を飲んでます!!

とおっしゃってました。

お腹が空いたとき、食べる前などに炭酸水を飲むと食欲が抑えられると、言っていました。
もちろん純粋な炭酸水です。

飲みすぎて全く必要な栄養もとれないのはいけませんが、食べたのに満足感がないときには有効かな?と思います。
最近はどのお店にもおいてありますからぜひやってみてくださいね。

妊娠中の体重管理〜工夫したこと

妊娠中の体重管理は皆さん気にしていることの一つだと思います。
私達助産師も
言いにくいことではありますが、やはりお産が大変になるだけではなく
妊娠高血圧腎症など沢山のリスクを抱えることになるのでお話させていただいています。
また、管理がしっかりされている方には
どうやってました?と聞いてみてます。
参考にさせていただいてます。

先日は、

私は食べすぎないように

炭酸水を飲んでます!!

とおっしゃってました。

お腹が空いたとき、食べる前などに炭酸水を飲むと食欲が抑えられると、言っていました。
もちろん純粋な炭酸水です。

飲みすぎて全く必要な栄養もとれないのはいけませんが、食べたのに満足感がないときには有効かな?と思います。
最近はどのお店にもおいてありますからぜひやってみてください。

赤ちゃんのタイプいろいろ!

前回の記事でも赤ちゃんには生まれつきいろいろな性格の子がいるよ、とお伝えしましたが

それと似たような記事で

5タイプに哺乳タイプをわけるという研究がBarnesらでなされています。

以前にこのサイトで記事を書かせていただきましたが忘れないように
ホームページの方にも詳しく書かせていただきました。http://mimirin.com/category3/category35/akatyanseikaku.html

大体の子はそのタイプの一つです。

我が家もそれぞれのタイプがありました。

あーうちだけではないんだなーって気持ちを楽にしていただけるといいかな?と思います。

どういうタイプでも、少しずつ哺乳が上手になっていきます。

赤ちゃんペースで、時にはペースを変えないといけない場合もありますが焦らずに育児授乳続けてくださいね!!
多分、少しずつその子にあった接し方が見えてくると思います♥